☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

6月13日の活動報告(Cコース)

6月13日に第15期ドラマスクール3回目がありました。
その時の活動報告をしたいと思います。

13日は、コミュニティーセンター(以下コミセン)の4階音楽室でありました。

この日、活動が始まる前にコミセンで停電が起こりました!!
確か13時~14時の間の数十分だったと思います。
昼間で明るかったのもあり、パニックにはなりませんでしたが部屋の時計が20分ぐらい遅れていたり、エレベーターが止まったりしました。


まず、みんなが集まりだしたら柔軟をはじめました。

その後、かよねぇから今日のメニューの紹介。

1、詩の朗読タイム
2、大屋さんタイム
3、やぎさんタイム
4、かよねぇタイム

この日は、たくさん時間を区切って活動しました。

まず最初に、前回もやった「あいうえお」と「食べ物」の詩を朗読しました。
今回は、山田さんがいなかったので荘田さんに担当してもらいました。
前回来てなかった人に説明しながら表情、口調に気を付けて朗読していきます。
「のはらうた」まで時間が取れなかったので、どれを選んだのか、という事を一人一人言って詩の朗読はおしまいです。


次に大屋さんタイム。
大屋さんは、歌唱指導をしてくださいます。
まず、二つのグループに分かれます。それから、大屋さんの出すハンドサインを見て音を出します。右手で出したときは右のグループ、左手で出したときは左のグループが音を出します。
ちゃんと周りの音をよく聞いてみんなに合わせます。
この日はいつもよりうまくいきました。みんなちょっとずつ上達しています。

それからホワイトボードに書いてある音名を使っていきます。
棒で指された音を出します。リズムもちゃんと考えてやります。
これが何パターンかあってみんなだんだんごっちゃになってきました…;
高い音から低い音に下がるのがみんなちょっと苦手みたいです。
ここで大屋さんタイムは終了。


その次に、みんなお待ちかね、やぎさんタイムです。

まず、前回もやった「ウェーブ」をしました。
速くしたり遅くしたり…いろんな波を回していきます。
速くなっても雑にならないように注意します。
「ウェーブ」を送ったら次は拍手を送ります。
向き合って一緒に叩きます。
速くなると雑になるので丁寧にやります。

それから「ズーン」と「バン」。
ちゃんと「ずぅうーんン!!!」と気合を込めて送っていきます。
「バン!!」も、ちゃんと相手に向かってしっかり飛ばします。
間違っても気にせずにどんどんやっていきます。

次に輪になってボールを投げます。
ただし、見えないボール。
持っているのは赤い、手のひらサイズのボール。
投げる人を決めます。
この時、ちゃんと今から投げる事をアイコンタクトで合図します。
それから、「赤いボール」といいながら投げます。
受け取る人も、しっかりと受け取ります。
これをどんどん繋げていきます。
さらに、見えないボールを増やします。
今度はテニスボールです。
先程と同じように「テニスボール」と言いながら投げます。
アイコンタクトを忘れずに!!
もう一個、ボーリングボールを増やします。
今までの物と大きさも重さも違います。
投げていると、途中でボールが消えてしまいました。
ちゃんと相手が受け取ったことも確認することが大事です。

今度は輪になって本物のボールを投げます。
受け取ったら次の人へ投げます。
投げたら座ります。
これをどんどん続けて、最後の人は最初に投げた人に投げます。
この時、投げてきた人と投げた人を覚えておきます。
今度はさっきと同じ人に投げていきます。
ボールの数を増やしてみました。
時々落としてしまいます。
コツは、投げてくる人をよく見る事。
ぼーっとしてると取り損ねちゃったりします。
一旦投げるのをやめて、一つのボールを投げながら数を言っていきます。
自分が言った番号をちゃんと覚えます。
今度はボールなしで数だけ。これはすらすらいきます。
最初の順番でボールを投げます。
投げながら、1番から先程の番号を言っていきます。
最後の番号まで言ったら次は奇数だけ、それが終わったら偶数、また奇数…と続けていきます。
違う事を同時にやっていくので集中してやらないと分からなくなります。

次に歩きます。
やぎさんが手を叩いたら180度方向転換します。
そして、「速く」といったら速く、「ゆっくり」といったらスローモーションで歩きます。
ゆっくりの時は方向転換もゆっくりです。
「とまれ」と言われたら止まります。
止まったり、速くなったり、速いまま何度も方向転換などいろいろやりました。
一旦止めて、目が合った人と二人組になります。
二人で目を合わせながら歩きます。
距離を取ったり、近くに寄ったりいろいろしてみます。
それから二人で片方が強い人、もう一人が弱い人のなります。
ちょうど、トムとジェリーみたいな感じです。
トム(強い人)はジェリー(弱い人)を追いかけます。
ジェリー(弱い人)は逃げます。
ずっと追ってばっかりじゃ楽しくないので時々止まったり、走ったり、ゆっくりと近付いて行ったりします。
声をだしてもOKですから、叫ぶ人もいました。
やぎさんがスイッチと言うとトムとジェリーが入れ替わります。前までトムをやっていた人はジェリーに、ジェリーをやっていた人はトムになりますが、ゆっくりと入れ替わっていきます。
これも、「速く」といったら速く、「ゆっくり」といったらスローモーションで追いかけます
何度もこれを繰り返した後、最後はスローモーションで取っ組み合いの喧嘩になりました。

最後に上手く見える倒れ方を二つ伝授していただきました!!!
一つ目。
立っている状態からしゃがんでお尻を床につき、そのままごろーんと倒れます。
このやり方だと、痛くないし一連の動作を滑らかにするとすごく上手く倒れる事が出来ます。
途中で手をつかないように気をつけないと手首を痛めるので注意。
ポンっと押されてふらふらぁっと来た感じでもやってみました。
二つ目。
立っている状態から右回りなら左足を、左回りなら右足を出してくるりと足を交差させながら回って、そのまましゃがんで胡坐をかき後ろに倒れる。
回った後に胡坐をかくのに苦戦している人がたくさんいました(そして私もその一人です(笑))。
どんっと押された、銃で撃たれた、刀で斬られた、などでもやってみました。
倒れた後にピクピクしてみるなどリアルです。
ここまででやぎさんタイム終了。
みんな汗びっしょりです。


休憩をはさんで、かよねぇタイム。
今日もみんなで嘘をつきました(笑)
今回はかよねぇの嘘のようなホントの話から嘘をつくことになりました。
かよねぇの友達に鳥が大嫌いな人がいるそうです。
スズメを見ただけで泣いて、鶏肉を食べるのもダメだとか。(この辺ちょっとうろ覚えです…すみません;)
そこで、なぜこの人が鳥が苦手になったのかそれぞれで理由を考えました。
それを自分にあった体験談のように話をして嘘をついてみました。
森に入ったら鷹に頭をぐしゃぐしゃにされた、鳥博士と呼ばれていたけど、間違った事を言ってしまってショックを受けた、寝てたら頭を巣にされた、鶏に襲撃された、ペットの犬を鷲に連れ去られた、鳥の死骸を踏んでしまった…等々18個の嘘の話ができました。
それぞれすごく納得できる、面白い話でした!!
そこで今日の一番を決める事に。
面白い!!と思った嘘の話を作った人を一斉に指さしましたが、ごちゃごちゃしてよく分かりません。
それぞれの話をもう一回簡単におさらいして面白い話に一人二回まで手を挙げる事にしました。
一番面白い話に決まったのは中3の二人でした!!

この二つの話だけは覚えている限りで詳しく書いておきます。

一つ目の話。
私はちっちゃい頃、インコをかっていた。
籠の中じゃ狭いだろうなぁ、と思って籠からインコを出したら、窓から逃げてしまった。
自分のせいだ…と思いながらたくさん泣いた。
それから数年たって、友達と公園でこっそり鳥を飼っていると、カラスに襲われてその鳥は死んでしまった。
二回も鳥を酷い目にあわせてしまったので、私が鳥とかかわると鳥は不幸になってしまう…と思った。
それ以来、私は鳥とはかかわらない。かかわりたくない。


二つ目の話。
私が小3の頃。
放課後、友達二人と公園に遊びに行っていた。
その途中、道路の真ん中にふわり…と一羽の鳩が舞い降りた。
次の瞬間車がものすごいスピードでシャーッと走り抜けていった。
鳩はただの肉片になった。
私たちは恐る恐るそれに近寄って行き、その辺に落ちていた木の枝でつつきだした。
すると調子に乗った友達が、二本の木の枝を器用に使い、ぺいっと私にそれを投げて来た。
肉の気持ち悪いムニュリとした感触。
べっとりと付いた血。
目の前に垂れ下がった頭…。
私は泣き叫びながらながら家に逃げ帰った。
それ以来、鳥を見るだけであの鳩を思い出して、吐き気がしてしまう。
鳥が大嫌いになった。


一番が決まるとみんなで拍手。
本当の理由は、ちっちゃい頃サファリパークでダチョウに囲まれたから、でした。
鶏に襲撃された、が一番近いかな?

そのあとに前回出来てなかったナンバーコールの50からカウントダウンに挑戦しました。
結局、今回も達成ならず残念ながら時間切れ。
次回に持ち越しです。


すごく長くなってしまいました…読みにくいし、日本語もおかしい所があるかもしれません。
間違っているところ、書き忘れていたところ、感想などはコメントへお願い致します。

最後まで読んでさって有難う御座います。
[PR]
by iizukadramaschool | 2010-06-18 23:57