☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

12月12日の活動報告【シアターコース】

ではでは、活動報告を。

コミセンの304号室に集まってジャグリングの練習をしていると、
大塚さんが1時過ぎに来てくださって、
「30分になったら音楽室(1時半からの活動場所)に行くけど、
向こうに行って自分のチャレンジをする時は、自分のキャラクターでしてもらいます。」
と、言われました。
しかもこれから3月まで、みんなの前でそれをする時はそのキャラクターでするそうです!

これが本当に厳しくて。難しい。
自分は1分間の本紹介がチャレンジなのですが、
いまのつくっているキャラクターは本を読みそうに無いキャラクターだったので、
急遽特徴が増えました。

ジャグリングも自分のキャラクターでして見ました。
自慢げにする人もいたり、こっそりする人もいたり・・・と、面白かったです。

音楽室に行く前に、少し自分のキャラクターを色んな状況においてみました。
一生懸命に何かに取り組んでいる時のその人の様子。とか、
誰かが失敗した時にどんな風にそれを見ているのか。などなど。

音楽室に行って、チャレンジを全員がし終わるまでそのキャラクターのままだったのですが、
これが辛かったです。

どんなに頑張ってチャレンジしても、見ている人もそのキャラクターのままなので
反応が無かったり、冷たかったり、冷やかしがあったり・・・
へこみそうになりながらも、頑張ってやりました。

そして、休憩を挟んで前回の続きをしました。
希望の受付です。誰々と誰々の絡みのシーンが見てみたい。受付タイムです。

1度二人(もしくは3人)の関係性が見えるシーンを作ってみて、
そのあとでもう一つシーンを作って見合いました。
大塚さんとかよねぇからお題が出て、
「何かがなくなる」シーンを作って。とのことでした。

お店のお金がなくなったり、携帯がなくなったり、彼氏がいなくなったり、信用がなくなったり・・・
と、色んなものがなくなりました。

そして、いくつかのグループでは、その場でもう一度即興でシーンを作ってみる、と言う事もしました。

このシーンでは、
そのシーンをすることによってこのキャラクター達の関係性が変わる、と言う事が肝だったようです。

とても難しかったですが、面白かったです!

そんなことをしている間に4時55分になったので、今日はここまでで終わり、となりました。

これでこの日の活動報告は終わりです。
後3回で2011年のドラマも終わりです・・・。

25日で表現コースは、一旦修了と言う形になります。
今年度はあまり表現コースの子と関われていないので残念です・・・

では、書き残しとか書き間違いなどあったら突っ込んでください。

けんご
[PR]
by iizukadramaschool | 2011-12-12 18:50 | ■活動■