☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

♡12月9日♡ byあず

遅くなってすみません。今回の活動です。

表現コース
大屋さんのわらべ歌の時間です。
「いもむし ごーろごろ ひょうたん ぼっくりこ」を2つのグループに分かれて、かわりばんこに歌います。
今度はこの歌で遊びます。全員一列に並んで、前の人の腰をつかんで、しゃがみます。しゃがんで、いもむしのようにつながって、歌に合わせて先頭の人が、一番後ろの人をつかまえにいきます。つかまえたら終わりです。
次に、たけのこのじゃんけん歌を習いました。「たけのこ めーだした はなさきゃ ひいらいた はさみで ちょんぎるぞ えっさーえっさー えっさっさ」最後のフレーズでじゃんけんをおこない負けた人は、勝った人の後ろにまわります。これを、ずっと続け、最後一列になったら、さっきの、いもむしをはじめます。

いもむしの歌で、リズムを打ちます。「ターターターター ターチチター(キュウ) ターアーターター ターチチター(キュウ)」です。
「ター」は四分音符、「チチ」は八分音符、「ターアー」は二分音符、(キュウ)h四分休符です。
これで、2つのチームに分かれ、大屋さんの、指さしたグループだけが、リズムを打ちました。

さてお話作りの方は前回、成人するための儀式は、人間いすも人間ピラミッドもうまくいかず、名前をもらうことができませんでした。(成人すると名字がもらえます)。
今回は、シアターコースの参加者が多かったので、新しい家族が増えました。そこで、大きなポスターの裏紙に、家族構成・家族のルールなどを書きました。それから、家族に起こった事件を考え、シーンにしていきました。かよねぇーからのアドバイスで、怖いときや、痛いときに楽しそうに言わないように気をつけようと言われました。

5家族のそれぞれの事件は考えたのですが、時間の都合上一家族しかできませんでした。前回、お父さんが他の島に行ったチームです。

(一回目)窓の外を見たり、思い思いにしている家族。そこにお父さんが帰ってくる。一心がいないことにお父さん気づく。外に出るお父さん。一心が海の中でおぼれているのを見つける。お父さんは家族を呼ぶ。みんな駆けつけ、ロープを投げる。サメがきているらしい。お父さんが何かを投げサメをやっつけた。
(アドバイス)家族は最初何していた?泳げるのにおぼれるときはどんなとき?一心がおぼれるのは家族に取ってどのくらいの事件?一心は、サメが来たときどんな気持ち?
(二回目)一心は楽しく泳いでいる。お父さん帰ってくる。一心、サメが来て、体がこわばっている。
かよねぇーから、一心はお父さんに助けてほしいときどんな言葉をどんな気持ちで言うの? 一心は、「たすけてー」と言った。しかし、お父さんはその声を聞いても、大丈夫そうだったので、帰って行った。
「たすけて」が真剣ではなっかたので、サメに食べられてしまいました。
 何回かするうちに、一心が真剣に「たすけて」と言ったので、お父さんが駆けつけ、そのあとから、家族がロープを持って、投げました。ロープを引っ張る家族。
かよねぇーから、家族は一心に声をかけないの?
「大丈夫?」「がんばって」という声が聞こえはじました。そして、一心はすこしづつ海岸に近づき、お父さんが水に入ってきて、助けてくれました。

さて、次回は5家族のお話も作っていきます。
お楽しみに

シアターコース
前回、かよねぇーがいなかったので、何の動物になったのか、当ててもらいました。最初は動作だけでしました。次に、動きの声も付けました。例えば、素速く動くときに「すすす」といったような音です。なかなか、難しかったです。
そのあと、あらためて何の動物になったのか自己紹介しました。
ともか:オオサマペンギン。のんびりで、びびり屋。
(堀)かなこ:キリン。いたずら好き。
ななこ:カラス。さっぱりした性格。
(秋)かなこ:ヤギ。おとなしい。
みなみ:リス。水が嫌い。
けんご:黒ネコ。おせっかい。
あずさ:サル。好奇心が強い。
けいこ:タヌキ。好奇心が強く、マイペース。
えみの:ミニチュアダックスフント。
みゆき:トイプードル。明るくて、人なつこい。
だいち:ネズミ。くいしんぼうで、おっとりしている。モルモットくらい大きい。
よしの:エリマキトカゲ。キリキリしているが、フレンドリー。緊張するとエリが開く。
あやの:チーター。人見知り。人間は好きじゃない。動物はOK。
かな:シマウマ。
というので、発表公演までやっていきます。
次に、パークの①概要②日常③イベントを考えることにしました。
①概要:名前は「ドリームパーク」。広さはヤフードームくらい。門を入ると、入り口に受付とみやげ物売り場がある。とてもはやっている。入場料、大人1000円。園内をカプセル型の電車がグルグルまわっている。駅ごとに動物がいるが、動物はそこから、中央の広場に集まれる。場所は福岡県の海の近く。

②日常:朝は8時に朝ご飯。夜間の飼育員が朝食をやって、帰る。9時開園。11時から12時までショー。これは土日祝。12時半昼食。13時半から14時半まで2回目のショー。これは、土日祝と月水金。14時半から15時半まで写真撮影タイム。これは土日祝。17時半から18時半まで3回目のショー。土日祝。20時閉園。20時半夕食。
12月30日から1月3日は正月休み。毎月10日が休み。
夜間飼育員は5人、昼間は10人、そのほかに園長一人。
食事は、一番高いのはペンギン。安いのはネズミ。

③イベント:ショーというより、ふえあいのイベントをする。12月から3月は、ペンギン、タヌキ、ヤギがメイン。4月から7月は、イヌ、ネコ、リス、トカゲ、ネズミ、カラスがメイン。8月から11月は、シマウマ、チーター、キリン、サルがメインで行う。

本番では、展示ホールにテーマパークを再現することになる予定です。
[PR]
by iizukadramaschool | 2007-12-22 21:38 | ■活動■