☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

前回のドラマスクール  byあーのちん

また遅れてすいません。

◎表現コース

今回はハンガリーからトルダさんがきました!!
最初は『私あなた』です。
円になってトルダさんから始めます。「私じゃないわ。あなたよ!」という言葉をあなたよ!というところを言いながら他の人を指して回します。
しかし表現コースの子はわからなかったみたいで、オタオタしてました。シアターの子が説明をしてまた再開。今度はスムーズにいきます。途中でトルダさんがもっと怒った風にと言ったので怒った風にしてまわしました。
次は思い出してマイムをします。これも円になったまんまで…
朝起きます。そしたら何をしますか?ドラマスクールのみんなは着替えるそうです。それから顔を洗います。そして朝ごはんをたべて出かけます。
ここから先は目をつぶって学校などに行くところを想像していきます。
トルダさんが頭をトントンとしてから聞いたことをこたえます。
「今どんな色がみえますか?」 「灰色。」 「何の色ですか?」 「道路」
とか「何が見えますか?」 「木。」 「どこにあるの?」 「学校」
ほかにも音・においなどをきかれました。音のときはみんなで再現します。
次はその街並みをグループに分かれて再現します。
できた風景はバス停があって道路があって公園もありそして床屋さんのランプもあります。そして忘れてはならない飯塚の風景田んぼもありました。
そして今回の最後は短いシーンを作りました。
物語はこんな感じです。
―朝私(筆者)が早くに目を覚ますと納豆売りの声がします。その声を聞くと昔を思い出します。
朝学校に行く時に目の見えないおばあさんがいます。ある朝ガキ大将のキチコウがいたずらを企てます。私はやめておけばいいのにと思いました。
「納豆をおくれ」
「一銭のほうですか二銭のほうですか?」
「一銭のほうだよ!」
「どうぞ。」
「こっちがいい!!」
といって二銭のほうをひったくりました。
私たちは学校について納豆合戦をします。
翌朝もういちどしようとしたキチコウは一銭そ持っていませんでした。そこでキチコウは
「だれか一銭を持ってるやつはいないか?」
とききました。
私は持っていたし、この前の納豆合戦がとても楽しかったのでキチコウにかしました。
その日もうまくだましました。
翌日はキチコウが最初にとったのを引き金に全員で一銭で二銭のほうをとりました。
しかしおばあさんは家で数えてる時に二銭のほうが足りないのに気づいたのです。そして交番に言いました。
翌日も前日と同じくします。
しかしキチコウが買った瞬間おまわりさんがでてきました。
「何をしているんだ」
「な……納豆を買っているんです。」
「今いくら出した?」
「い……一銭です。一銭です。」
「これは二銭のほうじゃないか?」
このようなやり取りをした後キチコウは交番に連れて行かれそうになります。しかしその時キチコウがあることを叫びます。
「みんなもしました!!!」
それで全員連れて行かれそうになります。みんな泣いて謝ります。
するとおばあさんが
「離してあげてください」
と言いました。目にいっぱい涙をためて見えない目をしぱしぱしています。
おまわりさんは許してくれました―

こういうおはなしです。
これを三場面にわけます。そして三グループでします。
シーンをしあげた後つなげてしてみました。
まぁまぁうまくいったかなと私はおもいます。
そのあと話の最後をききました。
――そのあと私は家に帰りそれからは親に納豆を買わせてもらうようになりました――

こういうさいごでした。(おはなしはおおまかな流れだけです。すいません)

◎シアターコース

午前中の感想を出し合いました。(コメントに個人でかいてもらえるとうれしいです。)
「してることがドラマスクールに似ててびっくりした。」 「通訳がはいると置いてきぼりになる感じがした」などがでました。この後ろの感想にかよねーが「顔を見てどういう事を言ってるか雰囲気を見なきゃ」と言っていました。
ここでもう一個感想がでました。「すっきりしなかった」とのことです。
どこがかというと
・なんで子供が泣くのか。
・なんで被害者のおばあさんが涙をためて許してあげてといったんだろう
とこの二つです。
シアターで二グループにわかれ最後にキチコウが見つかってしまうところをします。

アドバイスとして私のグループはこの時代の警察はとても権力のある者だったということ。つまり逆らえない存在だということとこんないたずらをするならまだ小さいだろうという事。
ほら小さい子って後先考えずいたずらをして見つかって怒られると誤ったり嫌だとかなき叫びながらついてきませんか?
結果的に私たちはすっきりしました。(これも個人の感想をください
私はおばあさんをしていました。子供が誤ってるし交番にまで連れて行くことないとおもいました。しかしなぜ泣くのかはわかりませんでした。

ここからさきは前回の続き大冒険についてです。
私はここで抜けたので誰か報告してください


トルダさん今回はありがとうございました。そして通訳さんほんとにありがとうございました。
[PR]
by iizukadramaschool | 2007-10-20 20:58 | ■活動■

公演のお知らせです byあず

演劇関係いすと校舎の公演のお知らせです。
10月6日・7日に小倉南区生涯学習センター 大ホールで行われます。
前売り1500円当日1800円です。学生割引ありです。
連絡先
TEL:090-3414-0526(守田)
Email:isu_kousya@ybb.ne.jp
詳しい内容は、連絡先にお願いします。
お時間のある方はぜひ、行ってみてください。
a0098546_21104478.jpg

a0098546_21233380.jpg

[PR]
by iizukadramaschool | 2007-10-01 21:50 | ■おしらせ■