☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

11/18 の活動  byあーのちん

◎表現コース◎
最初は前回の設定をおさらいします。
そして前回つくった島の決まりにもうひとつたします
『大人になったら~ができるようになる。』
というものです。各家族で考えます。
何ができるようになるのかな・・・表現の子たちは夜遅くまで起きておけるって言うのが思いつきやすいようです。
あるチームは『ほかの島に行けるようになる』というところがありました。
なるほど小さい島だからそういうのもありだなとおもいました。
次に考えたのはこの島の成人するための儀式です。
島人総出で何をするのでしょうか。
出たのは
・人間イス
わっかになって一人が軽く膝を折ります。それから順に乗っていきます。そして全員膝を折ったら後ろに体重をかけます。それが成功したらめでたく成人!!…なのですがうまくいきません
・人間ピラミッド
下の段が7人くらいその上に6人乗ってとやっていくのですが・・・2段目が乗ったら1段目が限界になり失敗
・人文字
島という字をつくります。しかし、条件があります。その文字の一番上の点は成人する人がすること。それと10秒で作ること。やはりうまくいきません。
この中で一番うまくできたのが人間イスでした。
次は大屋さんとのわらべうた遊びです。
前回のよくかくれろ白ネズミで遊びます。
そのあとこの歌のハンドサインを見せてもらいます。それに合わせて大屋さんがうたうのでドレミを当てはめていきます。うまく当たったら3グループに分かれます。
ドのグループ、レのグループ、ミとラのグループに分かれます。
そしてこの歌をドレミで歌います。各グループの音だけ担当して歌います。1つの歌に聞こえたら成功です。
このあとは音を重ねました。
ドとレ・ミとレの2度和音。ドとミ・ラとミの3度和音。レとラの4度和音。ミとラの5度和音をしました。5度和音はラをグループがミを大屋さんが歌いました。
すごくすごくきれいでした!!
次の曲は
♪ バカカバマヌケ ヘッポコナスカボチャ スッパスッパミソッパ  あんたきらい!プンっ  本当にきらい!プンっ   絶交キッタっプンっ
という歌です。ペアを作り2重の円を作ります。そして内側と外側が向き合います。内側が反時計回りに動きます。
一周して元の人に戻ってきたら歌を
♪ バカカバマヌケ ヘッポコナスカボチャ スッパスッパミソッパ  あんたスキよ Chu!
とかえます。そして抱きしめて終わりです。
一回して今回は終わりました。

今回は宿題が出ました。島の生活日記を3日分です。

◎シアターコース◎
今回は前回作ったキャラを動物にたとえます。
そしてサファリパークの同じオリにいる動物になります。そこにいるのはネズミ・ネコ・小型犬・サル・カラス・キリン・シマウマ・チーター・ペンギン・リス・トカゲです。大小さまざまの動物たちはとても仲がいいです。
そしてこのサファリの生活を繰り返してみます。
朝起きる→飼育員がえさを持ってくる→お客さんがくる→個人の時間→夕食を飼育員が持ってくる→寝る
これを3日分繰り返します。
みんなの感想は「楽しい!」「好きにしていいし楽ちん」「勉強もないし、かまってくれる人もいるし楽しい」という人もいれば、逆に「疲れた」「毎日が同じで退屈」「誰かと触れ合ってないときつい」などです。
そこで退屈している動物が冒険しようと言い出します。
冒険王はほかの人よりたくさん餌がもらえます。
みんな頑張って考えて「7分潜った!」「一番高い木に登って葉っぱをとってきた」「キリンから飛び降りた」「客のネックレスを取ってきた」などです。
どれもいいので決まりません。
そこでグループに分かれます。
1グループ目(キリン・ネズミ・小型犬)
飼育員がえさを持ってきたらキリンがくわえて持ち上げます。その間に2匹が脱走。そして倉庫からえさを大量に持ってきます。そしてキリンがおろしてあげて3匹は下りの奥に行きます。
飼育員は逃げだします。
2グループ目(シマウマ・チーター・ネコ・リス)
シマウマがした次にチーターその上にネコそのまた上にリスが乗りおりのはじからはじまであるきます。
3グループ目(サル・ペンギン・カラス・トカゲ)
上の金網にサルペンギンカラストカゲの順にぶら下がります。飼育員が来るとトカゲが頭に落ちパスポートを取って逃走。
次にカラスがカギをとりペンギンを連れて行きます。
ペンギンは帽子をとります。
最後にサルが脅かして飼育員がビビって逃げ出します。
結果3グループが勝ちになりました。
[PR]
by iizukadramaschool | 2007-11-23 19:54 | ■活動■

11/11の活動  byあーのちん&しぃちゃん

◎表現コース◎
最初は大屋さんとわらべうた遊びをしました。

♪「悪いネズミはいないか?」
「いないよ。いないよ。」
「いたずらネズミはいないか?」
「いるならとってみろ!!」
よぅくかくれろ白ネズミあとからちょろちょろめっかるぞ♪
(かぎかっこはセリフ)
といううたです。
この歌はちょっと難しいので最初に練習します。
そのあと鬼ごっこのような形で遊びます。ペアになって内側の人で円を作りその後ろにペアの人が付きます。
そして猫(鬼)とネズミ(逃げる人)を一人ずつ決めます。
そして最初にセリフを言い、そのあと歌い始めて鬼ごっこ開始です。周りの人ももちろん歌います。
ペアの先頭にネズミがたつと一番後ろの人がネズミです。
猫にタッチされたら逆にネズミが猫、猫がネズミになります。
遊んだ後次は2チームに分かれてリズムをとります。
手で叩いてとります。
この次はまたリズムをとるのですが、2人1組になって順に叩いてまるで一人で叩いてるように人つなぎで叩くようにします。
これはなかなか難しかったです。なかなかつながりませんし、何回たたかなくちゃいけないのか、どこまでが自分の担当かわかりませんでした。最後のほうはうまくつながりました。

次は12/23にする予定の表現コースのミニミニ発表会の練習です。
前期はチームごとに分かれて発表しましたが、今期は何とオムニバスです。
前回したシーンを一つの舞台として見せようと思っています。
設定は海に浮かぶ小さな島そこには5つ家族がいます。林があって浜辺があって電車が走っておりこの電車は島を一周しています。そして動物園もあります。
そしてこの島では食事は同時にとります。それに25歳から大人で大人になると苗字を長老からがもらえます。
そんな島にある5つの家族。
今回はこの5家族の食卓を作りました。
長老のお家は貧乏で日に2回食事がとれるといいほうですし、魚ばかり食べてる家もありますし、梅干しを一人3つは食べなくちゃいけない家族、父親が遠洋漁業でいない家族、無言でとにかく食べている家族。
こんな家族のいる島でした。
 
◎シアターコース◎
今回は『大冒険クラブ』という地域のクラブが結成という設定です。
みんな思い思いのキャラを作ったのですが・・・
自己紹介になるとなかなか始まらずもう一回!
またもや同じでもう一回!
と何回も繰り返しました。
「みんな逃げてる。」「喧嘩になるのさけてるやろ?」「自分の限界を決めつけないで」
「もっとわがままでいい」「はいるときにあなたのしたい大冒険が一番指示が多い場合その大冒険を必ず実行します。と言われたとしたら?」そうやってだんだんと想像しやすくしてもらっていました。しかしなかなかうまくいきません。
最後は自己紹介をしてくださいというあいずがありませんでした。かなりいいとこまで行ったのですが、空気がやばいなと感じるとニヘラと笑ってしまいおわりました。
「みんな普段そうなんだろうね。」「喧嘩したくないからやばいと思ったら誤魔化すんでしょ?」と言われました。(コメント待ってます!!
今回こんな風に頑張ったのは舞台に袖がないからだそうです。袖があると隠れて素の自分に戻れるのですが袖がないと隠れることはできません。お客さんは素の私たちを見てしまうと面白さがなくなるので、キャラをしっかり作らなくちゃいけないそうです。


今回は報告が短いですけど終わります。
本番まであと4か月です!風邪などひかないように手洗いうがいを心がけてください!
[PR]
by iizukadramaschool | 2007-11-16 23:25 | ■活動■

うれしいことが重なったな byはちろー

前回、前々回ドラマに見学にきていた子のコメントです。その子は、中学校2年生。学校の演劇部に入りたいので、演劇ってどんなものだろうとドラマスクールを見学にきたのです。2回見学して、「ドラマスクールが面白い。自分でお話をつくっていくなんてすごい。ドラマスクールに入りたい。」といっていました。来年チャレンジするんじゃないかと思います。この言葉に、みんながやっていることの面白さ、すばらしさが伝わっているんだなと思いました。気づいてくれたこの子の感性もうれしいし、みんなのドラマが伝わっていることもうれしいなとうれしいことが重なりました。大冒険たくさんやってね。
[PR]
by iizukadramaschool | 2007-11-12 23:20 | ■スタッフより■

山田さんからです!!

表現教育の本場イギリスの大学院で表現教育の勉強をしたいる寛ねぇからのメールを一部載せますね。

「昨日はTheatre in Educationの活動を観に行ってきました。
シアターカンパニーが活動の一つとして行ってるもので、活動内容は生徒を劇場に招いて演劇上演、学校を訪問してのドラマワーク、先生たちへのドラマワーク(劇場での演劇鑑賞のフォローアップのため)などなど。昨日は劇場での演劇鑑賞でした。日本だと、ただ単に「今日は演劇を見ました、終わり」となるところだけど、Theatrein Educationの活動はここで終わりません。昨日の例をとると、劇の舞台は第二次世界大戦時のその町。少女が家の納屋から発見したのは、都会からその町に疎開してきた女の子の手紙。結局その手紙を書いたのは彼女の母親なんだけど、手紙からの回想でその時代が描かれます。んで、演劇は演劇としてあるんだけど、そのほかに「パック」として、時代背景やその時代の写真、ポスター、生活の様子(当時の手紙から考えてみよう、という手法)などの資料があって(ただこれらを並べたような退屈なものではないよ!)、
 さらに、それらのことからイメージをふくらませて、自分の生活の様子を両親に知らせる手紙を書いてみよう、とか、自分の持ち物から、3つしか持っていけないとしたら何を選ぶか(疎開しなきゃならないからね)、その理由は何かを書くとか、(このあたりはライティングとリンクしてます)たくさんある戦時のポスターの資料の中から、1枚選んで、色や書き方や写真がポスターの意図と沿ってるか、どんな効果があるかを議論するとか、今のたばことかのキャンペーンポスターと比較してみるとか、自分でポスターを作ってみるとか、(作ってみようタイプの活動は工作・クラフトとリンクしてます)
当時の写真の中の一般の人たちからふきだしが出てて、そこに考えてることを書きこむとか、爆撃を受けた町の写真と短い会話文(たぶんこれはCDかなにかで音を流すと思う、サイレンの音があるから)から、その時自分が見たものと、感じたことと、聞いた音と、においと、味を書きだすとか、状況を設定して(もちろん第二次世界大戦時です)、マイムやインプロバイゼーションをやってみようとか、、、、なんつーか、すごいでしょう。寛子」
[PR]
by iizukadramaschool | 2007-11-11 16:45 | ■OBの集い■

おてぶしてぶし byあず



遅れてすみません。
夏の合宿の時にみんなで歌ったおてぶしてぶしです。
よかったら聞いてみてください♪
[PR]
by iizukadramaschool | 2007-11-08 20:14 | ■活動■

10/28のドラマスクール  byあーのちん

お待たせしました!!
だんだん寒くなってきました。
みんなもう11月です。風邪をひかないように気を付けてください。

◎表現コース
 まずは広がり活動スペースをとります。
そしてオオツカさんが「~の瞬間」と言います。それに合わせた表情・しぐさで止まります。
例えば「朝起きて歯磨きをする瞬間」 「朝ごはんを食べる瞬間」 「学校に行く瞬間」 「その日は一日好きな授業ばっかりのとき」 「逆に一日大嫌いな授業ばっかりの日」 「途中でプニッとしたものを踏んだ瞬間」 「プニッとしたものが犬のフンだと気づいた瞬間」 「フンの中に500円玉を見つけた瞬間」 「500円玉を取り出そうとする瞬間」 「持っていく瞬間」 などです。
みんないろいろと違いました。
 それから5人組みになってその中で1~5までの番号を決めます。それからオオツカさんのいう場所になっていきます。しかし話し合ったりしないで1から順番に場に入っていきます。
そのつぎは2から始めます。
4番目からはお題を隠します。そうなると1番最初に入った人がわかりやすいものにならないといけません。
 
 次はシーンを作ります。6人組みを作ります。
夏休みにみんなに描いてもらった『夏休みで一番楽しかったこと』『一番痛かったこと』の絵です。
チームごとにその絵から場面をを作ります。
そして大事件をつくります。そのあとその5分前。つぎはその5分後。
そこまで作ったらみあいっこします。
そのあとは動かしてみます。うまくつながるかな?と私はすごくすごく不安でした。
でもどのチームもちゃんと繋がりましたし、1チームだけなかなかうまくいかなかったみたいですがスッキリするまで自主的にもう一回いいですか?としていました。「これは見習わないと」と私は思いました。短い間しかしていませんけど私の記憶にはこんなふうにいった子はいませんでした。だからとてもすごいなと思いました。

◎ドラマシアターコース
シアターコースは前回作った設定でシーンを作ります。

<設定>
兄弟姉妹がいます。その子たちがサファリパークに母の大切なもの(結婚記念に貰ったネックレス)を落としてしまいます。その子たちはパークを出てから気がつきました。
そしてなんと明日は結婚記念日!!母はそのネックレスを付けます。秘密で持ち出したのでもちろん怒られます。なので夜中取りに行きます。
入れたはいいのですがどこに落としたかわかりません。ウロウロしていたらパークの職員Aに出会います。Aさんは子供たちを事務所に連れて行きます。
事務所ではパーク職員BがCさんとはなしています。(Aさんの後から入ってきてもいい。)
BさんとCさんは約束をしていました。今日BさんからCさんにネックレスをあげるという約束です。しかしBさんは今週いそがしくて買いに行く暇がありませんでした。でも今日の昼間にダチョウの所の前でその2人のネックレスを拾います。BさんはそれをCさんにあげることにします。

こんなかんじです。
この日ちょうど10人いたので5人にわかれました。
この設定の中で勝手にきめていいのはBさんがどうしてCさんにネックレスをあげなくちゃいけないのか。どうして今日なのかということとキャラの関係・性格です。
グループごとに理由がでました。
1グループ目
BさんとCさんは姉妹で姉(B)が妹(C)のネックレスを壊してしまったのです。それで姉は妹の誕生日にネックレスを買う約束をします。
なぜ今日かというと今日が妹の誕生日だからです。

2グループ目
BさんとCさんは友達です。BさんがCさんに同窓会に行くときにネックレスを借りました。しかしBさんはなくしてしまします。だから同じデザインのものを買う事にします。
なぜ今日かというともう2週間「もうちょっと待って」がつづいたので返してもらいに来ます。

とこんな理由です。
1グループ目は約束するシーンもつくりました。

今回休みの人が少し居たのでみんな風邪をひかないように手洗いうがいを心がけてください。
[PR]
by iizukadramaschool | 2007-11-03 11:30 | ■活動■