☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アンビシャスフェスティバルに参加しました!!

遅くなってすいません。
9月11日にあったアンビシャスフェスティバルの報告です。
アンビシャスフェスティバルでは、前に報告した通りアテレコの劇をしました。
話の内容は下に書いてあるんで知りたい人はがんばって読んでください。
すごく長々とかいてあるんで先に・・・

この次のドラマスクール(9月19日)で来れなかった人に報告も兼ねて、1人ずつ感想を言っていきました。
・観客か思ってたより少なかったからあんまり緊張しなかった。  
・マイクを使うと音が反響して聞こえづらくなるから、難しかった。
・スピーカーが観客に向かってしかなかったから、自分の声がちゃんと聞こえているか心配だった。
・台本があったから、自分だったらこうは思わないのにいうところがあって、なんでこの人はこう言うのかを考えるのが難しかった。 etc. がありました。
当日はすごく暑く、しかも客席は屋外の日なたにあったので目の前に居るのは関係者ばかりと言う状態でした。でも、みんなにとっていい経験になったと思うし、天神という人がいっぱい集まるところでしたことでドラマスクールをアピールすることもできたのかなと思います。  


では、話の流れ・・・

ある日やさしいマイアサウラ(草食で比較的大人しい恐竜)のお母さんが林の中で卵を見つけ、自分の2つの卵と一緒に育てることにしました。
しかし、拾ってきた卵から生まれた赤ちゃんは、恐ろしいティラノサウルス(肉食で獰猛〈どうもう〉な恐竜)でした。
お母さんは悩み一度は拾ってきたところに返そうとしましたが、赤ちゃんがかわいいあまりに捨てきれませんでした。 
「私のかわいい赤ちゃん、二度と手放したりなんかしないわ」

ティラノサウルスの子【ハート】と、マイアサウラの子【ライト】、【ファイト】はとても仲が良く、すくすく育ちました。

ライトとファイトが遊んでいた時のことです。アンキロサウルス(草食の恐竜)のおじさんが声をかけてきました。
「坊や達、そんなところで遊んでいたら危ないよ。」 
おじさんがいわくティラノサウルスに襲われるというのです。
ライトとファイトはその時初めて、ティラノサウルスという存在を知りました。
2人は家に帰り、興奮しながらお母さんに報告します。 
「ティラノサウルスって歯はギザギザ、つめはするどく、身体はごつごつなんだって。まるでハートみたいだね。」 
すると、お母さんは激しく怒りました。 
「ハートはあなた達のお兄ちゃんよ。そんなこと言うなんて許しません!」 そう言って3人をしっかりと抱きしめました。

月日は流れ、3人はお母さんと変わらないくらい大きくなりました。
ある日、ハートはマイアサウラの好物である赤い実を採りに行っていました。
すると、突然ティラノサウルスが襲いかかって来ました。
しかし、ハートを見ると[なーんだ、おいしそうなマイアサウラの匂いがしたのにな]と攻撃をやめました。
ハートが 「あなたは誰?」 と聞くと 
「見りゃあ、分かるだろ。おれはお前と同じだ。」 と言うので、
ハートは[マイアサウラなんだな]と安心しました。
そして、おいしいものを取りに行くというおじさんについていくことにしました。
歩いている途中、ある林を横切った時にティラノサウルスは悲しそうに言いました。 
「おれは昔ここで、卵を失くしたことがあるんだ・・・。」

赤い実がいっぱい実っているところにつきました。
ハートはそのおいしいものを採り始めようとします。
しかし、ティラノサウルスは止まりません。 
「おじさんは赤い実を採りに来たんじゃないの?」 
「は?!なにを言っているんだ?向こうにはおいしい、おいしいマイアサウラが待ってるんだぜ!」 
「おじさん、マイアサウラじゃないの?」 
「おまえと同じだと言ったろ。同じだということはティラノサウルスに決まってるだろ!」 
「?!・・・うそだ!ぼくはティラノサウルスなんかじゃない!マイアサウラだ!!」 
ティラノサウルスはハートを押さえつけて言いました。 
「しっかり見ろ!おまえのそのするどい爪、ギザギザのキバ、ごつごつした身体。おまえは立派なティラノサウルスだぜ!!」 

ハートは  「グオーン」 
とほえるとティラノサウルスを押しのけ、泣きながらお母さんのところまで走りました。

お母さんは様子のおかしいハートに気がつきました。 
「ハート、どうしたの?」 
「お母さん。ぼくはマイアサウラじゃないの?お母さんの子じゃないの?」 
「いいえ。あなたは私の宝物。大切なハートよ。」 
「そうだよね。ありがとう、おかあさん。・・・・・・あっ!」 
見るとティラノサウルスが目をギラギラさせてこっちを見ていました。
ハートはおかあさんに向かって言いました。 
「赤い実をいっぱい採ってくるからね。」 
そして、ティラノサウルスに向かって走り、ティラノサウルスにかぶりつきました。 
「ガブリッ!」 
「なっ、なぜだ。おまえはおれと同じティラノサウルスなのに・・・。」 
「ちがう!ぼくはハート。ハートなんだよ。」 
ティラノサウルスを見るとおじさんも泣いていました。
ハートは噛むのを止めました。

ハートがお母さんとライトとファイトのところに戻ってくることはありませんでした。
ある日、お母さんが卵を拾った林に行くと赤い実が山のように積んでありました。
お母さんは悟りました。
「あぁ、ハート。あなたが戻ってくることはもうないのね・・・。あなたがどこにいても、いつまでもあなたを愛している。ずっとずっと 愛してる。」
そう言ってお母さんは赤い実を1つ口の中に入れました。


と言う感じの話しです。
すいません。すごく長くなっちゃいました。次はもっとうまくまとめれるようにがんばりますね・・・。

なにも見ずに書いてるので、間違いがあるかもしれません。
そのときは、忠告よろしくお願いします。
[PR]
by iizukadramaschool | 2010-09-28 01:29 | ■活動■

ドラマスクール   特別講座!!

大ニュースです!

今回、第15期記念と言うことで、

何と!!

特別講座が決定しました!!!

今、ドラマに参加してない人でも元シアターなら参加できます!

年齢は気にしません!


9月20日、10~14時。
講師は、歌島 昌智さん。
場所は、つどいのひろばいいづか です。
お弁当&水筒&タオル・・・・・・など、ドラマで持ってくるものを持ってきてください。
  (お弁当は絶対必要です)

かよねぇの、知り合いで、即興の歌づくりをされている方です。

参加者は、
現シアターコース、
元シアターコース(年齢は気にしません)
スタッフ        のやりたい人です。


なので、1日だけですけど、「ドラマ」の世界へ戻って来ませんか~。

参加費は、元シアターコースの人は、1,000円だそうです。
参加したい人は、 スタッフorドラマメンバーor稗田 へ連絡してください。

そのときに、「参加したいって稗田さんに言って」
と伝えてください。

あと、申し込んだ人はできればコメントに書き込んでくれたら嬉しいです。

驚きなおしらせでした~。
[PR]
by iizukadramaschool | 2010-09-14 21:27 | ■おしらせ■

9月5日 Cコースの活動報告

こんばんは!夏休み終了後1回目となるドラマスクールCコースの活動報告をします。

9月11日(土)にあるアンビシャスフェスティバルにドラマスクールが参加することになりました!!
ということで、今回はアンビシャスフェスティバルで発表する作品作りをしました。

まず、いつものごとく身体をほぐしてから、歌の練習をしました。
曲は、8期で歌った「family(ファミリー)」、6・12期で歌った「お母さん」です。
特に「family」は知らない人、歌ったことがない人が多かった(というより、8期にいた人が1人、CDを作ったときにいた人がもう1人だけでした。)ので、大家さんが丁寧に教えてくれました。
一時間程でみんな二曲とも歌えるようになったのには驚きました。

次に、肝心の中身を作っていきました。
宮西達也さん作「あなたをずっとずっとあいしてる」という絵本をもとに、アフレコ劇(台詞を言う人と演技する人が違う劇)を作ります。
一通り黙読して話の内容を把握した後、役決めをしました。
そして、その役が主に出てくる場面ごとにグループに分かれ、深く読み込んでいったり、練習したりしました。

その後、始めから通しながら劇の形を定めていきました。
(話の内容は、アンビシャスフェスティバルが終わってからお知らせします。)
台詞だけや、動きだけというのは今までにも何回かやってきましたが、今回は台詞に動きを合わせたり、動きに合わせて台詞を言ったりはやったことがなかったので、少し難しかったです。
また、台詞を言う人と動きをする人が入れ替わるなど、不慣れなことに戸惑うこともありました。
が、時間をちょっとオーバーしながらも完成しました!
1日で20分ちょっとの作品を作り上げてしまうなんて、やっぱりドラマスクールはすごいです。

9月11日(土)11時00分~天神中央公園でアンビシャスフェスティバルが行われます。
ドラマスクールは11時55分~の発表です。
少し遠いですが、時間のある人はぜひ見に来てください。
[PR]
by iizukadramaschool | 2010-09-09 21:32 | ■活動■

夏合宿の活動報告‐2日目‐

8月25日合宿2日目の活動報告です!

2日目は6時起床、7時から朝の集いに参加しました。
その後部屋の掃除。
それから朝ごはんです。
朝ごはんすっごく美味しかったです!!

それからお部屋の点検です。
部屋のリーダーだけ残りました。
無事合格!

まずはやぎさんタイム。
体を解していきます。
それから倒れる、滑るなどの復習をしてからまた新しいのを教えてもらいました。

まずは髪をつかみます。
まず1人が相手の髪をつかむふりをします。
この時、つかもうとする瞬間に手をグーにして相手の頭に置くだけにします。
つかまれた人は相手のつかんだ手がずれない様に片手、または両手で押さえます。
そしたら後はつかまれた人が痛がる演技をします。
同じやり方で耳もつかんでみます。
さらにお互いにつかみ合いになります。

次に首を絞めます。
まず相手の後ろに立ちます。
身長差があるときは首を絞められる方の人に座ってもらいます。
相手の首の下に腕を持ってきます。
それから腕を曲げます。
その時、腕の曲がったところが顎の下に来るようにします。
首を絞められた人は首を絞めてる人の腕を押さえて苦しむ演技をします。
この時、あんまりジタバタ動かない方がリアルに見える、というアドバイスをもらいました。

どちらもつかむ人、絞める人が動くのではなく、される人が動く事が大事なんだそうです。


それから昨日つくった絵本の話をやりました。
昨日やったシーンから終わりまでをつくります。
いろんなパターンをつくってみました。
パターン毎に話の最後が違います。

それを見合いこしました。
その後にそれぞれの話でこの話のこういう所が見てみたい、というのを出し合いました。
そこで出て来たアイディアをつくってみました。


それから発表の為に最初にナレーションを入れて世界観などが分かるようにしました。
さらに練習です。

そしてお昼ご飯。
野菜ラーメンが美味しかったです^^

午後は絵本の話を各自練習してから、歌を練習しました。

そしてついに発表です!!
まず、昨日の昼頃の音を聞いてもらいながら入場して貰いました。
入ってきた瞬間、いろんな音が来たのですごく吃驚されていました。
かよねぇが説明を入れてもう一回音を聞いてもらいます。

それからすぐに鬼きめをしてわらべ歌の「てんやのおもち」でハンカチ落としをやりました。
そして並んでから「てんやのおもち」・「むすめはゆく」を歌いました。

それからやぎさんタイムでやった事を見てもらいました。
倒れる、滑る、髪をつかむ、首を絞める…などをやりました。

それから絵本の話です。
それぞれいろんなパターンがあったけどその中から一つだけ選んで発表します。
まず、元になった絵本のページだけを見てもらってそれからやります。
短い話、長い話、それぞれとっても面白い物に仕上がりました。

これで発表は終わりです。

最後に合宿の最初にやったように、クレヨンで今の気持ちを描いてみました。
そして最初の絵と今の絵での気持ちの違いについて話してみました。
みんな色々違いがありました。

この絵は発表公演の時にロビーなどに飾られるかも…とのことです。

それから号令をかけて解散!!!
みんな、お疲れ様でした!!


いつものように間違い、書き忘れがあったら教えてください。
[PR]
by iizukadramaschool | 2010-09-07 19:07 | ■活動■

夏合宿の活動報告

8月24日・25日にあった、シアターコースの合宿での24日の活動報告をしたいと思います。
報告が長いです・・・・・・。

 場所は、国立夜須青少年自然の家でした。
 合宿での活動は、全て「エクスパンションハウス」と言う、本館から外にある階段を降りたところにある場所でしました。

  10時にロビーに集合し、それからみんなで、エクスパンションハウスに行きました。
 着いたら、荷物を置いて、机とイスをみんなが座れる分だけ残して片付けました。
 イスに座ったら、かよねぇから、画用紙と、クレヨンを渡されました。
 合宿に来た、今の気持ちを、クレヨンで描いてみます。
 上手い、下手はもちろん関係ないので、自分の思ったとおりに描いていきます。
 描いたらかよねぇのところへ集めました。

 そして、懐かしい活動ですが、太鼓が1回なったら歩き出し、2回なったら止まります。
 しっかり止まれるようになったら、次は、すれ違う人と、アイコンタクトをとりながら。
 次は、アイコンタクトもとりながら、すれ違う人と常に握手をしながらやってみます。
 でも、同じ人と、ずっと握手したままではなく、すぐに違う人とアイコンタクトをとって、違う人に握手を詩に行くことが大事です。

 次も、太鼓の音で動くのは変わりませんが、かよねぇが、太鼓を二回ならした後に、何か言うのでそれが同じ人同士で、集まります。
 あったのは、誕生月、学年、好きなかき氷の味、夏の果物と言えば・・・・・・等でした。

 1番最後になったグループの人と、喋らずに、動作だけで、夏と言えば!と言うテーマで、シーンをつくってみます。
 時間は10秒間。
 みんながつくったのは、泳ぐ、バーベキュー、花火、スイカ割り&昼寝&かき氷の4つでしたが、喋らずにつくるので、当然矛盾が出てくるところがあります。
 そこを、どんな場面と考えれば、矛盾が出てこないかを、考えたりもしてみました。

 そして次は、自分でも、やって怖かった活動です。
 2人組でする活動です。
 そのうち一人が目をつぶり、もう一人が喋らずに、肩を手で叩く等して、歩いてみます。
 かよねぇが、外を歩いてみよう。と言いましたが、さすがに最初は怖いので、部屋の中で練習。
 ある程度歩いたら、交代してやってみます。

 練習が終わったら、外に出てみます。
 階段を降りたり、登ったり、砂利道を歩いたり、坂道を歩いたり、・・・・・・
 しばらくして部屋に戻ってきたら、次は交代して、食事をするレストランまで行くことに。
 来たロビーの方まで行くので、階段をかなり上らないといけません。
 そのペア同士で、喋らなくても、2回肩を軽く叩いたら階段を上る、等のサインが出来ていました。

 昼ご飯を食べたら、またエクスパンションハウスへ。
 午後の活動を始める前に、合宿を、楽しかった、難しかっただけで流してしまわないように、心に残っている活動&その活動で気付いたことを書くことに。

 次は、耳を澄ませて、部屋の中で聞こえる音の数を数えてみます。
 部屋のどこにいたかで、聞こえた音も違いました。

 外に行ったら聞こえる音はどうなのかと言うことで、外に出てみます。
 その時に、1枚の紙の真ん中に、自分を表す小さい○を書きます。
 そして、1人1人違う場所に行き、音が聞こえた方向に、大きさ、強さなどを、その、聞こえた音の文字だけで、書いてみます。
 キャンプに来ている小学校の先生の怒鳴り声や、蝉の声、トラクターの音、荷物を探る音など、部屋の中以上の音がありました。

 時間になったらかよねぇに呼ばれ、3、4人ぐらいのグループで、自分の聞いた音の説明を、紙を見せながらします。
 そして、真ん中に大塚さんが座り、自分が聞いた音で、1番おもしろいと思う音、1番良いと思う音を、真ん中にいる自分(大塚さん)にその音を言います。
 その時、大きさ、方向、強さなどを考えて、自分がその音が聞こえてきた方へ行き、かよねぇの合図で一斉にくり返して言ってみます。
 大塚さんが聞いていておもしろいと言ったので、何人か、真ん中に行って、聞いてみたりもしました。
 
 さて、次は、大屋さんの、歌唱指導の時間です。
 25日に、保護者の前で、公開練習する時に、歌も歌う、と言うことで、その練習をしました。
 まずは、てんやのおもち。
 以前もやったことのある、ハンカチを使っての鬼ごっこのような物をしました。
 その後、このてんやのおもちを使って、ハモりをしてみました。
 パートは、
 ①てんやのおもち\やゎらかいおもち\
   あんこちょいとふんでしか\られた

もう片方は、
 ②おもち\おもち\おもちたべたら\
   あんこふん\だらちょーいと\
    ちょーいとちょーいと\しかられた

②は、①の2回分の長さがあるので、①を1回した後に、②が入り、①と②を一緒にします。
なので、①は計3回、②は1回する事になります。
 
 そして、「むすめはゆく」を、3つのパートに分かれて輪唱します。
 1度、3つのパートに分けるのではなく、2つのパートにしそうになりましたが、みんなのやる気で、3つのパートで出来ると、押し切りました。

 そして次の活動でのグループ分けを、経験年順がバラバラになるようにします。
 4つのグループに分かれましたが、大人で+1チームする事になったので、5つのグループに分かれました。

 そして、それぞれのグループで、ランダムに、何かの絵本の、あるページを開きます。
 その絵本の、別のページは見てはいけないので、物語は分かりません。
 その絵本のシーンをつくってみて、そのつくったシーンに行き着くには、何があったらそこまで持って行けるか(表情なども)を、考えて、そこまでを見せ合うところで終わりました。
 
 そして、晩ご飯も食べ、お風呂にも入った後での、体を動かすヤギさんタイム!
 ここから、順番が適当になります。
 
 手を、動かしてみます。
 まず、ジャンケンのパーの形をつくります。
 次に、ジャンケンのグーの形をつくります。
 そして、手を広げた状態から、全て前の方の1点に、
指を伸ばします。(キツネみたいに)
 最後に、ジャンケンのパーと、グーの間の状態(手のひらを自分に向けた形で、自分にツメが見える)にします。(ネコみたいに)
 これを、パー→グー→キツネ→ネコ→パー→・・・・・と、くり返して、早くやってみます。
 意外と思うとおりに指が動かず苦戦。

 次は、何度もやったことのある、ウェイブ、ズーンとバン、拍手回し。
 何度もやったことのある・・・・・・はずなのに、かなり間違えてしまいます。
 でも、間違えてもそこで止めずに、ずっと続けます。

 そして次は、二つに分かれてします。
 したことのある、「私、あなた」をして、「私、あなた」の延長線上の活動です。

 果物で、「私、あなた」をやってみます。
 だけど、自分が「リンゴ」とか、決まっているわけではなく、「バナナ」と言われて、自分が指されたら、一瞬だけ、「私」のところに「バナナ」が入り、「あなた」のところに、なにか果物を入れます。
 すると、その時だけ、「あなた」が、「果物」になり、つながって行く、と言うことです。
 1度出た物は使ってはいけないと言うルールは無いので、出た物を使っても良いです。

 果物以外にも、乗り物、男の人の名前と、やってみました。
 乗り物では、路面電車とかの、マイナーな乗り物が出てきました。
 男の人の名前は、ありそうな名前でも良いのですが、
兄弟や、「しょうへい」「りょうた」などの、わいわいや、前ドラマに入っていた人が盛りだくさんでした。

 そして、2つのグループをシャッフルして、番号でやってみます。
(1番、3番 3番、2番 2番、4番 ・・・・)
 その番号は、誰が何番と、決まっています。
 なので、顔を見ないでやると簡単なんですが、ちゃんと、アイコンタクトをとりながらしてみます。
 すると、かなり難しかったです。
 それでも、ミスしない、なるべく速くを意識してします。
 ぞれぞれのグループを、見合ってもやってみました。

 そして次は、以前やったことのある、割り箸1本を、2人で持ち上げるを、スケールを上げてやってみます。
 まずは、2人組で2本から。
 次は、4人組で4本。
 そして、6人組で6本。
 最後は、全員でやってみます。
 この時、誰かが1本でも落としたら、床から持ち上げるところからやり直します。
 残念ながら、全員では出来ませんでしたが、いつかリベンジをしよう!と言うことでした。

 次は、2人組の活動です。
 片方がしたことを、コピーして、同じタイミングで、同じようにしてみます。
 途中、ヤギさんから交代と言われたら、流れは止めずに自然に交代をします。
 先に動く方も、コピーする方を考えて動きます。

 さぁ、そして次も、その2人組での活動です。
 どちらかが、変な動きを、音を付けてします。
 だけど、動きも、音も、ずっとくり返せる物で、まねが出来る物でやります。
 もう1人は、それを見て、すぐにそれをコピーして一緒にします。
 そして、完全にコピーできたと思ったら、すぐに新しい動き、音をしてみます。
 これを、くり返していきますが、大切なのは、すぐにする、と言う事です。
 なので、考えないが、1番のポイントかもしれません。

 次の活動は、ヤギさんが、「何かしよう!」と言ったら、みんなで、「なになに?」と聞きます。
 そしたらヤギさんが、「○○しよう!」と言うので、その○○を、本気でします。
 なので、料理をするなら、自分は何をつくるのかを考えて、しっかりつくっていくし、掃除をするなら、自分はどこを掃除をするのかを、考えてします。
 「○○」によっては、そこからさらに、何かを付け加えることもあります
 例えば、ご飯を食べよう!なら、急いで、怒りながら、テレビを見ながら、本を読みながら・・・・・等です。

 次が、この日最後の活動です。
 二人組でしますが、親と子どもや、姉と妹、友達など、二人の関係を決めます。

 キーワードは、「教える」です。
 どちらかが、どちらかに何かを教えます。
 親が、子どもに鉛筆の持ち方を教える。
 友達が、ゲームの進め方を教える。
 姉が、妹に勉強を教える。
 飼い主が、犬に、お手を教える。
等がありました。
 
 最後に、みんなで感想を言って回しました。
 出た感想としては、
       ・受け身では、何も起こらない
       ・相手に何かさせようとするのではなく、自分が動く。
       ・考え込まない
       ・思ったことを、すぐにやる 等でした。

 かよねぇから、今日寝る前に、午後やったように、
「心に残っている活動&それで分かったことを書いて」
 と言われて、午後9時15分頃に終了となりました。

 24日の活動は以上です。
 25日の活動も、数日後にあがると思います。

 例のごとく、間違い、書き忘れあったら教えてください。
[PR]
by iizukadramaschool | 2010-09-06 21:02 | ■活動■