☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

9月19日の活動報告 Cコース

9月19日の、ドラマスクールCコースの活動報告をしたいと思います。
大変遅れて、申し訳ないです・・・

この日は、練習室に入り、埼玉から戻ってきていたりっちゃんと、柔軟と発声。そして、のはらうた。
のはらうたでは、自分の中で、好きな詩の中の、その中でも大好きな一部分を見つけて、自分の好きになった理由みたいな物が伝わるように言ってみよう!と言う事でした。

そして、リハーサル室へ移動。
アンビシャスの報告をしました。

今回は、学校や仕事場で見たことがあるかもしれませんが、ある一定の人にだけ態度が変わる人と言うのをやってみました。(好きな人の前では可愛く見せようとする・・・等)
3人組で、短くて良いのでやってみます。
あったのは、特定の先生にだけ態度が変わる。
     好きな人の前ではかっこつける。
     親のケーキを隠して親に聞かれたら笑う。
     親の前では勉強をするふりをする。
     上司の前では愛想が良い。
     好きな人の前でアピールをする。
でした。
1度みんなで見合って、わかりにくいところを言い合って、もう1度練り直して見せ合いました。

そして、次の活動は、四角い輪をつくって、壁から1歩ぐらいのところまで離れます。
そこから、みんながそれぞれ、自分の向かう方向を決めます。そして、その方向へと、1直線で歩きます。
壁にぶつかりそうになったら、方向転換をしてまた1直線で歩いていきます。
全員でするので、途中誰かとすれ違うかもしれません。
すれ違ったら、その時に今のまま前へ進むか、すれ違った人について行くかを決めます。(後ろからついて行く必要はなく、横や、斜め後ろでも良いですが、なるべく近づいて歩きます。)
その人について行く事にしたら、その人から離れられるのは、壁についた時か、別の人とすれちがった時だけです。(ただし、別の人とすれちがった時は、その人についていかなくてはいけません)
これを、歩くときに手と足の動きを壁に当たるごとに変えてやってみます。
しかし、ついて行くことにしたら、ついて行く、と決めた人の動きを真似します。
これを、四角になったときの縦の列、横の列だけでもやってみました。

次は、全員で固まってスタートします。
その時、進む方向を向いたときに、1番前にいると思った人が、歩き出したら、その人についていきます。(当然動作も真似します)
途中で、二つに分かれたりするかもしれませんが、気にせず進めていきます。

さて、次の活動です
一人一人が、誰か特定の人を決めて、その人の動きを完ぺきに真似します。
完ぺきに真似できたと思ったら、ターゲットを別の人に変えます。
これをずっと続けますが、途中で、誰かの動きを、ちょっと大きくやってみたり、少し付け加えてみたりします。すると、みんなが立ち上がったり、歩いたり、笑ったりするようになりました。
これを、3~40分やりました。(やった人には、そんなに長い間やった気がしていませんでしたが)
この中で、みんながこれで終わったと思える瞬間が見つかりそうになったんですが、全員では共有できず、タイムアップとなりました。
自分たちで、気持ちの良い終わり方を見つけられればいいなぁ~と思いました。
    (一人だけで気持ち良くてもダメでした・・・)

最後に、今日の感想を回して終わりました。


あと、3人で回しているので、誰かがブログにあげるのが遅れていて、それに気付かずに他の人があげている。等、あるかもしれませんが、○月△日の活動報告と言う文で、判断をしてもらえれば・・・と、思います。


では、間違い、かいてないことがあればコメントおねがいします。

yamadaさん、コメント見ました、発表公演まで頑張っていきたいと思います!
[PR]
by iizukadramaschool | 2010-10-27 22:15 | ■活動■