☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10月30日の活動報告(シアターコース)

では、
10月30日のドラマスクールのシアターコース(最近はCコースと呼んでいないので)の活動報告をします。

1時に集合して、ジャグリングの練習。
その後、人に見せることを意識してもやってみました。←笑顔が大切って事です。
そして「自分チャレンジ」(勝手に名づけました)の発表。
「やる人?」とヤギさんが聞いてもやる!と手はあがりにくかったのですが。
しっかり自分チャレンジの練習をして、自信を付けて来ることが大切だと思いました。

んで、場所を移動して(表現Bコースが終わったので)、ヤギさんタイムへ。
この前作りこんでみた自分の嫌いな人のキャラクターで動いてみます。
ストレッチもその人でします。
歩いたり、約束の時間に遅れて急いだり、誰かに追いかけられて逃げたり、
大事なものをなくして探したりしました。

ストレッチは楽しいのか嫌なのか、今どこを歩いているのか、
誰と約束しているのか、大事なものとは何なのかを考えながらやります。
大事なものが見つからないとき、その人はどんな仕草をするのかも考えながら。

次は二人組みでの活動です。
その二人が出会う場面、すれ違ったりする場面をつくります。
短い場面でもいいので、その人の性格がよく出るように。
そのシーンを見合ってもみました。

ヤギさんタイムはこれで終わりで、
休憩を挟んで次の活動に移ります。

この前の活動の続きです。
同じ学年の人で、この前作りこめなかったところを作ります。
休んでいた人がいる学年は、その人の性格がよく表れるシーンを作ります。
前回と今回で性格が少し違うように見える事もあったので、
そのすり合わせも見合いながら直していきました。
自分のする嫌いな人の名前も決めました。
現実には名前が一緒の人もいますが、
分かりやすくする為に名前は全員違う名前を付けるようにします。

そして、このメンバーの中で兄弟関係や、従兄弟関係を作っていきます。
性格が似ているから兄弟だろうとか、
いやここは似ていないからこそ兄弟っぽいとか言い合いながら関係性を作っていきました。

これでこの日の活動は終わりです。
個人的にはあっという間に終わった気がしました。
とても楽しかったので疲れていないかと思ったら、やっぱり疲れてました。

次に向けての宿題は、
兄弟や従兄弟はつくったから、お父さんとお母さんと一緒に住んでいるのかとか、
おばあちゃんと一緒に住んでいるのかとかも考えてくることです。
兄弟関係を作っているところでも、それぞれが考えてきて、
次回すりあわせをします。

そしてもう一つ。
このキャラクター達が住んでいる町についても、考えてくることが宿題になりました。
この街には何人ぐらいが住んでいて、主な産業は何で・・・・と言う事を考えてきます。


これで活動報告を終わります。

・・・・・・・が、例のごとく忘れていることがあれば突っ込んでください。
参加者の皆さん、お願いしまーす。

ではでは。

けんご
[PR]
by iizukadramaschool | 2011-10-30 19:22 | ■活動■

10月23日の活動報告 (Cコース)

お久しぶりです。

報告が滞っていました。

とりあえず10月23日の活動報告を。

9月から、ドラマスクールのシアターコースは午後1時からになっています。
ですが、表現Bコースは午後1時半までなので、その30分間は別のところで練習をしています。

この日は、ふだん使う部屋がとれなかったため、外でジャグリングの練習をしました。

なぜジャグリングの練習をしているかと言うと、
今年度ドラマスクールでは1年間を通して何かをできるようになろう!と言う事で、
それぞれが目標を立てました。
その目標と平行して、全員の目標としてジャグリングをできるようになろう・・・との目標も立てました。

なので、今は午後1時~2時までは、ジャグリングや自分の目標の練習の時間となっています。

と言う事で外で30分ジャグリングの練習→室内で自分の目標の練習となりました。

その後、ヤギさんタイム。昨年度に引き続き、青柳さんがきてくださっています。
青柳さんには主に、体を使った表現を教えて頂いています。

まずは足や手や顔の体操。意外と苦戦しました・・・・・。

次にペアになって、1,2,3(よくこのエクササイズの名前が分かりません)をしました。
①1,2,3,1,2,3と交互に言います。
②これが出来たら、2の時は2といわず手を叩くようにします。
1,パン,3,1,パン,3となります。
③これも出来たら、それに加えて3の時は足を踏み鳴らすようにします。
④それも出来たら、1の時は何かポーズを付けます。
これをそれぞれを二回ずつ、順番にしていきます。
それぞれどれくらい出来ているかをみんなでみました。

次は後出しじゃんけん。片方がじゃんけんを出し、もう片方がそれにまけるように遅れて出す、というものです。
これを先に出す方と後に出す方を交互に変えながらします。
大分難しかったです。

次は3人組で。
一人の人が感情を決めて、その感情が伝わるような体で入ってきます。
あとの二人は、その人に対してどのようなステータスで、どのように接するのかをきめてすぐにします。
そうやって短いシーンをいくつも作ってみました。
何も後の二人がしなかったら最初に入ってくる人のステータスも伝わらないので、しっかり行ないます。

次も3人組での活動です。
一人芝居・・・のさわりのような形でした。
一人、主人公を決めます。この人が何かシーンを始めるので、あとの二人が事件を起こしてあげます。
主人公が歩いている時に、見ている人が「雨が降ってきた」と言ったら、そのシーンに雨が降り出す・・・と言うようなものです。
1人の人を、3人で動かすような感じですね。
これを実際にしてみると、自分のグループでは不幸なことが怒涛のように起こりました。
鍵を忘れて、取りに帰ってまた出かけたら鍵を家にかけるのを忘れていてかけに帰って、
雨が降り出してきて、走ったら転んで汚れて、学校に着いたら日曜日だった・・・。
と言うような大変悲しいことが起こりました。

これでヤギさんタイムは終了。
休憩を挟んで、次の活動に移ります。

最初に、自分の嫌いな人カードを持ってきます。
この嫌いな人カードと言うのは、自分の苦手な人の嫌いなところをカードに書いて、
それをやってみようというものです。
決して、嫌いなところを集めたからと言って嫌いな人になるとは限りません。
けど、自分のふだんの性格からは遠い人になるので、
自分と違う人の役をしてみることが出来ます。

かよねぇからは、このカードは台本だという話しがありました。
この役で発表公演もするということです。
自分のする役がどんな性格で、どんな時に嬉しくなって、
嬉しくなったらどのような体の動きをするのかを書き込んであるからです。

まずはその嫌いな人になって歩いてみます。
その人はどんな歩き方をするのかを考えて。
その人ではなく普段の自分に戻ってしまった時点でアウト。
かよねぇから名前を呼ばれたら、その場から離れます。

次にその人になって朝ごはんを食べてみます。
普段朝ごはんを食べない人が食べるとしたら何を食べるだろうかも考えて。
TVを見ながら?ひざを立てて?色々考えてみます。

このとき歩いたりご飯を食べたりして分かった事を、嫌いな人カードに書き加えます。

次は年齢別に3人組で。(高校生だけは4人組でした)
嫌いな人カードには、自分がうわーイヤだなと思ったエピソードを書く欄があります。
そのエピソードを3人でシーンにするというものです。
ただ、難しいのは自分の嫌いな人のエピソードじゃない時でも、
自分の嫌いな人でほかの人のエピソードに関わらないといけないこと。
これが大変でした。
あまりできていなくても、とりあえずやってみます。
挑戦することが大事です。
これを10分間くらい練習して、出来たところまで見合ってみます。
それを見て、その人がどんな性格に見えたかを紙に書いていきます。
何人かが直接コメントもしました。

これでこの日の活動は終わりです。
次回の活動では、それぞれの嫌いな人カードで、兄弟・従兄弟などの関係性を作っていきます。

もの凄く久しぶりの活動報告になってしまいました。
すみません。

例のごとく書き忘れがあるかと思いますので、突っ込んで下さい。
お願いします。
ではでは。

けんご
[PR]
by iizukadramaschool | 2011-10-23 20:26 | ■活動■