☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

12月24日・25日の活動報告part1【シアターコース】

12月18日の活動報告をしていませんが、気にせずいきます!

12月24日・25日はドラマスクールの冬の集中練習でした。
表現コースにとっては、この二日間でいったん終了ということになります。

今回の集中練習にはいってくださった講師・スタッフは、
かよねえ、大塚さん、ヤギさん、むー、まいまい、まりこ、おぐ、荘田さん、大屋さん、
奥田さん、古市さん、山田さん、稗田さん、園さん、園パパ、
そして歌島さん【通称:うたさん】
(島根県の方で、即興の音楽をつくることの出来るすごい人です。
右のリンク集にうたさんのブログ、即興実験工房 ゆにわ のリンクをはっています)
でした。

シアターコースは9時半集合でした。
展示ホールです。
スタッフミーティングがあっていたので9時半までロビーで待っていました。

中に入って(かなり暖かかったです)
最初にヤギさん体操。最近していなかったので、結構忘れていました。
次にジャグリングの練習。いつもよりみっちり練習しました。
15分ぐらい練習したのですが、
その間に急成長した人もいました。

そして、話を作り始めました。
大塚さんからの指令もいただいて。
大塚さんが、グループ分けしてくれていたので、
そのグループに分かれました。
グループごとに指令が違いまして。
苦しめられながらもがんばりました。

今回のテーマも、なくなるです。

それぞれのグループの元に噂が流れ込んできます。
その噂とは「〇〇がなくなるらしい」という噂です。
その、〇〇とはとても大切なものです。
〇〇がなくならないようにみんなはどんな行動をとったのか。

これが見えるように約3分間のシーンをつくるのが今回の指令です。

このシーンをつくるにあたって、
グループ内の関係性を再確認しました。
そして、できるグループは〇〇についても考えました。

そうこうしている間にお昼ごはんの時間となったのでお昼にしました。

午後は表現コースが来ました。
ので、うたさんと2時間音をつかって遊びました。

まずはキーボードの前に集まってうたさんの弾いた音をそのまま出しました。
よく聞いて。
そして次は円になって、順番に一人ずつ好きな音を伸ばして出します。
周りはその音にすぐあわせて同じ音をだします。
これを何周かしました。

次も円になって。さっき順番に一人ずつ回していったのと同じように、
4拍子のリズムを刻んでいきます。

①誰かが4拍子の間にリズムを刻む。(例:パン・パン・パン・パン)
②それをみんなが真似する(パン・パン・パン・パン)
③①をした人の右隣の人が4拍子のリズムを刻む。(パン・パパ・パパ・パン)
④③をみんなが真似する(パン・パパ・パパ・パン)

みたいな感じで、まわしていきます。
一周して、次は体全部(足とか、声とか)を使うことを意識してまた一周します。

次はこれを生かした活動を。
円の中心に誰か一人いけにえをおきます。
この人をとりかこんでウー!ハー!ウー!ハー!と円を歩いて回ります。
ウー!ハー!ウー!ハー!を3回繰り返し、
4回目でウー!ハー!シャッシャッシャッー!!!
と真ん中に念を送ります。
すると、真ん中の人はさっきの①をします。
みんなはそのあと②をします。
真ん中の人はもう一度違うリズムで①をします。
みんなはまたそれを真似します。
これをした後、次のウー!ハー!を繰り返している間に
元・いけにえは新・いけにえを探してバトンタッチします。

ビバ!というそうです。

次は音を聞いて、場所を想像してみようというものです。
波の音が聞こえて、かもめの鳴き声がするからここは海じゃないか。
みたいに、音をきいて想像してみる、というのをやってみました。

次は昔話に音をつけるというものです。
例えば、桃太郎。
最初、桃が流れてくるときどんな音がしたら流れてきている感じがするだろうか。
と考えていきます。

二つのグループに分かれて、それぞれ相手に内緒で
ひとつ昔話を決めて、
どんな音がきこえたらその昔話に聞こえるかを流れに沿って考えて決めていきました。
そして、お互いに聞きあってみたのですが、
まさかの浦島太郎かぶりでした。
ですが、結構ちがう音も入っていて面白かったです!

これでうたさんとの音遊びは終わりです。
普段意識していない音のすごさが分かりました。

そしてシアターコースは、ここから展示ホールに取り残されます。
自分たちだけで作りこまなければいけません。

それぞれのチームで5時までつくりこんで、
最後集まって解散と、なりました。
最後残って相談しているチームもいましたが。


これでpart1は終わりです。
それぞれのチームの内容は明日載せようと思います。

例のごとく、書き残しなどあったら突っ込んでください。
全力で受け止めます。

けんご
[PR]
by iizukadramaschool | 2011-12-25 20:57 | ■活動■

12月12日の活動報告【シアターコース】

ではでは、活動報告を。

コミセンの304号室に集まってジャグリングの練習をしていると、
大塚さんが1時過ぎに来てくださって、
「30分になったら音楽室(1時半からの活動場所)に行くけど、
向こうに行って自分のチャレンジをする時は、自分のキャラクターでしてもらいます。」
と、言われました。
しかもこれから3月まで、みんなの前でそれをする時はそのキャラクターでするそうです!

これが本当に厳しくて。難しい。
自分は1分間の本紹介がチャレンジなのですが、
いまのつくっているキャラクターは本を読みそうに無いキャラクターだったので、
急遽特徴が増えました。

ジャグリングも自分のキャラクターでして見ました。
自慢げにする人もいたり、こっそりする人もいたり・・・と、面白かったです。

音楽室に行く前に、少し自分のキャラクターを色んな状況においてみました。
一生懸命に何かに取り組んでいる時のその人の様子。とか、
誰かが失敗した時にどんな風にそれを見ているのか。などなど。

音楽室に行って、チャレンジを全員がし終わるまでそのキャラクターのままだったのですが、
これが辛かったです。

どんなに頑張ってチャレンジしても、見ている人もそのキャラクターのままなので
反応が無かったり、冷たかったり、冷やかしがあったり・・・
へこみそうになりながらも、頑張ってやりました。

そして、休憩を挟んで前回の続きをしました。
希望の受付です。誰々と誰々の絡みのシーンが見てみたい。受付タイムです。

1度二人(もしくは3人)の関係性が見えるシーンを作ってみて、
そのあとでもう一つシーンを作って見合いました。
大塚さんとかよねぇからお題が出て、
「何かがなくなる」シーンを作って。とのことでした。

お店のお金がなくなったり、携帯がなくなったり、彼氏がいなくなったり、信用がなくなったり・・・
と、色んなものがなくなりました。

そして、いくつかのグループでは、その場でもう一度即興でシーンを作ってみる、と言う事もしました。

このシーンでは、
そのシーンをすることによってこのキャラクター達の関係性が変わる、と言う事が肝だったようです。

とても難しかったですが、面白かったです!

そんなことをしている間に4時55分になったので、今日はここまでで終わり、となりました。

これでこの日の活動報告は終わりです。
後3回で2011年のドラマも終わりです・・・。

25日で表現コースは、一旦修了と言う形になります。
今年度はあまり表現コースの子と関われていないので残念です・・・

では、書き残しとか書き間違いなどあったら突っ込んでください。

けんご
[PR]
by iizukadramaschool | 2011-12-12 18:50 | ■活動■