☆飯塚子どものためのドラマスクール☆

ブログトップ

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1月8日の活動報告【シアターコース】

では1月8日の報告を。

この日は10時~。
10時~12時は表現の続けてくれる有志も来ました!

最初はヤギさんとストレッチをして。
ズーンとバンやハイタッチを円でしていくもの、拍手あわせなどをしました。

その後、シアターコースは表現コースに今作っている町の紹介をしました。

そしてシアターコースはグループごと(大塚さん指定です)に分かれて、
またまたミッションが言い渡されたのでそれについて午前中は考えました。

そしてお昼休みも終わり。

午後はみんなでシーンを作りました。
場所は公民館。ここに登場人物たちは集められました。
この町では町をあげての文化祭のようなものが毎年行なわれています。
その中で、子ども実行委員というものもあり
実行委員は町の大人が勝手に選びます。
登場人物たちは、全員それで選ばれた人達。
持ち回りのようなものなので、
やる気のある人からやる気の無い人までいます。
公民館に入ってくる人達。
公民館で副町長から話があり、その後すぐ解散となりました。
登場人物たちは仲の良い人達同士で帰っていくなどします。

と、言うシーンをそれぞれのキャラクターがみえるようにつくっていきます。
体や動作、言葉などで分かるように。
空間としては一つですが、
出て行くときにかかわりをもつ人達として、
いくつかのグループを作り、
そのグループごとにどうしたら関係性やキャラクターが見えるかを考えます。

① せいおう じゅね 【先生の娘】              
   じゅねの父親   【中学校体育教師・生活指導】
        (じゅねは父親に腹が立つ)

② くすもと ゆうた 【イチゴ農家の息子・妹を溺愛】
         みな  【イチゴ農家の娘・かわいこぶると周囲から不評】
   みあ        【イチゴ農家の娘】
        (みあはゆうたが好き)


③ みやた あい  【美容室の娘】 
        たいが 【美容室の息子】
   りゅうと
        (あいはたいがが嫌い
         りゅうととたいがは悪友)

④ たなか まり 【駄菓子屋の娘・常にマフラーを首に巻いている】
   ここあ     【イチゴ農家の娘】
   せきもと しの【イチゴ農家の娘】
        (ここあと しのは まりを気持ち悪いと思っている)

⑤ とうどう さくらこ 【旅館の娘・生真面目】
        ゆきや 【旅館の息子】
        りさ   【旅館の娘】
         (ゆきやはさくらこが大好き りさとさくらこはゆきやが嫌い)

⑥ かのん  【旅館の娘】
   かりん  【旅館の娘】
         (かのんとかりんは互いに嫌い)

⑦ あやのこうじ みゆ 【和菓子屋の娘】
   やすだ こうき   【洋菓子屋の息子】
         (表向きはライバル関係。 実はラブラブ)

結構今まで絡んだことの無い人に対してのリアクションとかも出来たので楽しかったです。

そのシーンを作った後、
午前中はなした内容の続きを考えます。

これが中々進まなくて。
難しいものです。
自分が難しくしているだけかもしれませんが。

シーンが少し作れたグループはそのシーンを見せ、
シーンまで行かなかったグループは進捗状況を報告します。

休んでしまうと大変だなぁと感じた日でした。
最後に大塚さんからも、体調に気をつけてね。
との話も有りました。
周りも進めなかったりしますからね。

これで報告は以上です!

ざっくりした説明となってしまいすいません!

突っ込み、大募集中!
大歓迎。

ではでは

けんご
[PR]
by iizukadramaschool | 2012-01-08 21:17 | ■活動■

12月24・25日の活動報告part2【シアターコース】

大変遅れてしまいました!


では報告を。

25日、まずはやぎさんの活動からです。
最初は10人程度で円をつくって、
一人ずつ何か動きをします。
繰り返して出来るような。
声も出してやってみます。
ヤー!とか、ホー!とか、自分が言ってみたら
みんなが真似してくれるので結構楽しかったです!

次は、ヤギさんが「なんかしよう!」と言うので、
皆は「なになに?」と聞き返します。
その後、ヤギさんが言ったものや動作をやってみます。

犬とか、雪とか、台風とか、あかちゃんとか。
色んなものをしてみますが、
これも面白いんです。
氷もあったんですが、徐々に溶けていっている人もいて。

そして次はペアの活動です。
シアターとか、表現とか、年齢とかがなるべくばらばらになるように意識してペアを組みます。
ペアで離れて、
遠くに居る相手に大きな声で昨日の夜の出来事を話します。
相手はそれが聞こえたら、それをまた大きな声で反復します。
これが意外と聞こえなくて。
みんなが声が高いので(参加者のほとんどが女の子です。)
低い声の方が聞こえるような気がしました。
それをしたら、
次はもうちょっと距離を縮めます。
ですが、声は発してはいけません。
息だけで伝えます。
これを反復する時も、やはり息だけです。

これをした後、
シアターコースはリハーサル室に移動しました。
自分達+ヤギさんで。

で、ほっとかれました。

途中で見合いこもしましたが。
今回は制限時間(3分)が決まっているので、
その中で伝えたいことが伝わるように考えます。
ヤギさんはじめ、みんなに突っ込まれながら。

そして展示ホールに移動し、
グループごとに大塚さんと歌さんに見てもらいます。
歌さんがシーンにあった音を付けてくれます!
ありがたい。
かよねぇは表現コースについていました。

なんだかんだでそんなこともしている間にもう保護者の方への発表の時間に。
驚く早さでした。

最初に表現コースの発表から。

A、B一緒にほおずきばあさんを大屋さんとしていました。
懐かしくて。最近シアターコースではわらべうたをしていないので・・・。
したいなぁと思いました。
たまりやたまりやおったまりも。

先にBコースからの発表でした。
オオカミ村という村のお話です。

すいません。大体をまとめると・・・。
(まとめられるか不安ですし、まとめてもいけないかもしれませんが・・・)


オオカミ村では昔オオカミ狩りを行なっていたけれど、
悪さをしていないことが分かりやめた。
オオカミにはおきてが作られた。
しかし最近、おきてを守っていないオオカミがいるらしい。
そんなオオカミを怖がって、嫌っている村人達は
村長にオオカミとの共存は不可能です、と訴えかけるが
村長は聞く耳を持たない。
そこで村人達は村長の大切にしていた子オオカミを射殺してしまう。
それをみた村長が怒り、正体を現した。
村長はオオカミだったのだ。
村人達は戸惑い、襲ってこようとする村長を撃ってしまう。

そう、代々この村では、村長試験というものをオオカミを対象に行い、
オオカミが村長を務めていたのだ。

村長が死んだので、次の村長を決める試験が行なわれる。

試験では、
狩りや人語、魔術に変身の技術が見られた。

こうして、次の村長が決定した。


みたいなあらすじだったかなぁと思います。
とっても面白かったので、実際にみて欲しいくらいです。

さて、続いて。
そのままAコースの発表です。

ちょっと不思議な桃太郎です。


ある日、おばあさんが山へ芝刈りに、
おじいさんが川へ洗濯に行っていた。

すると川上から大きな桃が流れてきた。
おじいさんは家まで運ぶことが出来なかったので、
おばあさんをよんでその場で切ることにした。

すると、桃の中から桃太郎、桃次郎、桃三郎の3人の子どもが出てきたのだ。
その3人は、自分達の出てきた桃を食べるとみるみるおおきくなった。

それから幸せな日々を送っていた桃太郎一家に、
村のじいさんやばあさんがやってきた。

この村は、鬼たちに作物から作物を作る人から若い働き手、牛や馬まで、
全て持っていかれてしまっていたので、苦しい生活を残された村人達は強いられていた。

そんな状況を変えるために、村のじいさんやばあさんは桃太郎たちに鬼退治に行って欲しいといわれた。
嫌だ嫌だと断ったおじいさんとおばあさんだったが、
村人達は断るなら村人としての縁を切るとまで言ってきた。
明日来ると言い残して去っていった村人達だったが、
おじいさんとおばあさんはやはりこの子達は私達の宝だと、
鬼退治に行かせないことを決意する。

次の日。
行かせろ、行かせるわけにはいかんの押し問答を繰り広げるおじいさんたちのところに
桃太郎たちが入ってきて、鬼退治に行くと宣言する。

おじいさんたちは行くならせめて、ときびだんごをつくって桃太郎たちに持たせました。

そうして桃太郎たちは険しいくらい森の中を、3人分かれて進んでいった。
桃太郎はイヌと、(心配してついてきたそのイヌの母も)
桃次郎はサルと、
桃三郎はキジと出あって、
それぞれ進んでいっていましたが、そんなくらい森の中で3人たちは偶然再会したので、
またそこから一緒に進んで行きました。

すると途中で、オオカミ達と出会います。
狼たちも、一緒に鬼退治について来てくれるといいます。

大所帯となった桃太郎たちも、ようやく鬼が島へとたどり着きました。

鬼たちをやっつけます。

鬼たちを何とかしてやっつけることに成功した桃太郎たちは無事戻ってきました。
狼たちにもお礼を言い、桃太郎たちは勇ましく村へと帰っていきましたとさ。


読んでいただいて分かったかと思いますが、
かなりの超大作でした。

シアターコースの発表の報告は、また後日します!!!!!すいません!!!!!

その後表現コースの修了証書渡しがあって、
保護者の方にお礼を行って表現コースは終了となりました。
ただ!
希望者は3月まで続けられるので、続ける人は3月まで一緒につくることになります!

さぁ。こんな感じで終わりました集中練習。

凄い疲れましたが充実した楽しい二日間でした。
例によってクリスマスっぽい二日間とはいきませんでしたが。

これで報告は終わりです!


例のごとく突っ込み!大歓迎。
てかむしろして下さいぃ!
付け加えとか感想とか。
参加者!特に上の方!
お願いします♪

ではでは。

けんご
[PR]
by iizukadramaschool | 2012-01-08 21:07 | ■活動■